Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【ご報告】第19回折紙探偵団コンベンション2日目

イグアノドン
イグアノドン 作・ニコラ・ガハルド・エンリケス (講習受けたかったぜ、ちきしょう・・)




前回の記事から、だいぶ間を空けてしまいましたね。

大変お待たせして、すいませんでした。(待っていた方がいらっしゃるかどうかはさておき・・)

どうも最近は、色々と疲れが溜まってる所為か、

筆が重くて重くて・・・( ̄▽ ̄;)

今むりやりエンジンをかけて書いておりまする・・

(今僕は、仮ピーさんの半分ぐらいの元気が欲しいです)




さておき、さておき

今回はコンベンション懇親会から最終日3日目のご報告ですが。

その前にまず・・

今コンベンションの日を思い返しながら書いているのですが、

どうも、ちょっとだけ記憶が風化してしまっているみたいで、

内容に若干の漏れや矛盾があるやもしれません、

その点は、先にお断りしておきますので、

何卒ご勘弁をば。











東京タワー
東京タワー(別の窓からスカイツリーを見る事が出来る、が、何故か撮っていない)





・懇親会

コンベンション2日目の18時から、

「お楽しみ懇親会」というものがありました。

会場は東洋大学の2号館16階のスカイホール

東京タワーとスカイツリーを観る事ができる場所で、

折紙界の錚々たる面々が集まると言う、

色々な意味なとても豪勢な懇親会でした。



こいつはたまんねぇや、緊張をちょっとほぐして置こう

という訳で、僕は会場で販売されていた缶ビールに何杯か手を出してみたところ、

なんと3杯目から若干アハンアハン状態に。

お酒大好きだけど、最近飲んでない所為か弱くなってるみたいです。

でもスーパードライ・・・ 凄くおいしかった。

ただ会場のご飯、ようするにおつまみがちょっと物足りなかったかなぁ。

直ぐに無くなっちゃうし・・

(nhさんお寿司余っていたのなら、一人占めしないで僕にも少し分けて下さい(> <))




って、いけねぇいけねぇ、

コンベンションの報告でしたねこれは。

とりあえず、この懇親会ではnh氏とNOCCHO氏、バッタの触角氏のおかげで、

色々な方々にご挨拶ができました。(ありがとうございます)

その方々を少し紹介、



miyabi氏
miyabi氏の作品(凄く細いのに、とってもしっかり出来ている、パーツを組み込んで完成させるあたり、ちょっと琴線に触れる)


まず「織り紙」というジャンルの作品で有名なmiyabi氏

氏の作品は写真でしか見た事が無かったのですが、

今回現物を見せて頂き、その精巧な作りにとても感動しました。


折り紙創作家・キノシタゴウ氏、

ティラノサウルスを見せて頂きました。

流石に、僕のティラノより折紙としてしっかりとまとまっている印象。

次の日の講習が受けられなくて残念でした。


見た目シンプルだけど、暖かな雰囲気の動物作品を創作されているハムロ氏

創作中の作品を弄っていました。

完成がすごく楽しみです。


神谷哲史氏、

言わずもがな、チャンピオンですよ。チャンピオン。

僕と仮ピーさん2人一緒にいた所を

なんと神谷氏の方から話しかけて頂き、恐悦至極でした。

えっ来年の講習ですか? 無理無理無理



ouch!氏

ブログやツイッターを見ていて、ファンだったので、

是非ともお会いしたいと思っていました。

わーい

って うぉっ!! 背高っ!!



その他にも、バッタの触角氏、ほんしょい氏、Rowin氏、(@皿@)氏

といった新世代の代表的な面々ともご挨拶が出来ました。

腰が重く、余り滅多にイベント事に顔を出さない人間なので、

この機会に、色々な方にご挨拶が出来てよかったです。

バッタの触角氏

ほんしょい氏
上・バッタの触角氏の作品群、 下・ほんしょい氏の作品群(ちゃんと撮れてなくてすいません)




懇親会でのその他の出来事として、

タバコを吸いに行っている間にビンゴ大会がスタートしていたみたいで、

ビンゴの紙を受け取りそびれ、完全に置いてかれてしまったので、

仕方なく一人酒を飲んだり、折紙をしたりして過ごす事に・・・


ビンゴではおりゆーが氏が景品のクラフト氏をゲットしていて、

有り難い事に、一枚おすそ分けして頂きました。

(図々しくお願いして、ごめんね。)




・懇親会後~2次会~



懇親会終盤、缶ビールが無くなり、焼酎まで手をだして、

すっかり出来あがってしまった僕は、

調子に乗って、nhさんに「この後メシ連れてって下さい」と図々しくお願いをしてみたところ、

(無理にお時間を頂いてしまって、すいませんでした)

なんと仮ピー氏、ささみ氏、Rowin氏、ouch!氏、エリック・ラン氏の計7名のメンツで

春日のカフェで2次会を行う流れに、



その席で、隣に座っていたouch!氏に新作のツバメを見せて頂いたり、

梅炭折紙という紙をおすそ分けして頂いたりしました。

※梅炭折紙の代わりとして創作専科の里紙を一枚お渡ししましたが、
明らかなアンフェアトレードですね。どうもすいません(^^;)大事に使います。



その他には、

向かいの席でRowin氏が弄っていた魔女(?)の帽子の形に、ちょっと惹かれたり。

エリック・ラン氏に見せて頂いた作品が、とても綺麗だったのが印象的でした。

(何かの花だったような気がするけど・・すません失念してしまいました)


電車の時間があったので、2次会は途中で退席。

もうちょっといたかったかも。


・3日目


はい、寝坊しました。

確か、10時くらいに会場についたと思います。

前日に飲んだアルコールの所為で、夜更かしが過ぎてしまったみたいで、

ちょっと反省しています。



余談ですが、コンベンション会場に向かう途中で、

何とおりゆーが氏の御母さんと偶然遭遇しました。

2日目に続き、何と言う偶然でしょうか!

おりゆーが氏とは運命的な何かを感じます。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

その運命的な何かは、

僕とおりゆーが氏を一体どうしたいのかは、全くもって分かりませんが、

とりあえず、おりゆーが氏の御母さんと少しお話させて頂く事に、

学生さんは大変だなぁと思いました。


その後会場に着き、遅れて教室の申込をしたのですが、

やはりというか何と言うか、自分が受けたいと思った講習はほとんど売り切れていました。

特にニコラ氏のイグアノドンの講習が受けられなかったのは痛い・・・・

(でもどの道、自分の整列番号は大分後ろだったので、受けられませんでしたが。)

とりあえず、今回は遅刻だったので2コマ目から講習を受ける事に、




2コマ目の講習前に、展示会場にて松井氏とご挨拶をさせて頂くことに。

松井氏はコンベンションで是非ともご挨拶しておきたいと思っていた創作家のお一人で。

とても魅力的な人物造形の作品を創作されていて、今回少しだけお話が出来て良かったです。

(おりがみ探偵団マガジンの140号に掲載されている作品「花魁」に使われている紙について、
加工の方法だとか、もうちょっと色々と聞いておきゃ良かった)


それと、展示会場では折紙オークションの商品も色々と並んでいて、

せっかくなので、自分もちょっとオークション参加してみる事に。

何だかとても良さそうな紙が出品されていたので、購入金額を書きこんだのですが、

残念ながら落札は出来ませんでした・・



・おりがみ教室2日目

まずは2コマ目のキャリコ氏のユニット作品「ちょうちょ」を受講。

作品そのものは難易度が低くて、とてもやさしいので、

あまり迷うことなく折り進める事が出来ましたが、

組み方が、最初良く分かりませんでした。

ユニットは慣れていないので、ちょっと苦手です。(手裏剣ですら苦手なもので・・)



キャリコ氏には講習終了後に、少しご挨拶が出来ました。

見せて頂いたスペースゴジラの展開図、とても格好良かったです。




2コマ目の講習の後のお昼時間に、

例によってまた、nh氏にお願いしてお昼ご飯をご一緒させて頂く事に、

その時に偶然キャリコ氏と宮川氏に遭遇。

仮ピー氏を加え、そのまま4人でお昼をご一緒させて頂く事に・・

キャリコ氏と”あの扱いにくい和紙リバースクレープ”についてのお話ができて良かったです。





お昼が終了し、3コマ目の講習は水野健氏のプレシオサウルス(幼体)を受講しました。

360度閉じた構造で、お腹の部分のインサイドアウトは、

僕もやりたいと思っていただけに、やられました

前日の夜更かしの所為で、途中うとうとしてしまいましたが、

何とか折れました。



にしても・・あんなに大きい紙で折紙をしたのは生まれて初めてかもしれない。

完成品もでかかったです。




コンベンション最後の講習はAnne LaVin氏

作品はGabriel Alvarez and Luis Bas作の「Conspirator」

黒を基調としたダークな雰囲気が印象的な

シンプルでスタイリッシュな人物作品でした。


余談ですが、お昼の時間帯nh氏にこの「Conspirator」の発音と意味を聞いといてね。

と言われていました。

講習のはじめに講師の方が説明して下さったところによると。

Conspiratorの発音は「コンスピューレター」

意味は「共謀者」らしいです。

う~ん 意味の方に関しては、日本語にしても良く分からないぞ・・



・コンベンション終了


最後の講習も終わり、全体会終了後、

なんとあの神谷氏と勝田氏に笑顔で

「この後の片付け、手伝っても良いんだけど どう?」(←うろ覚えだけど、確かこんなニュアンス)

というお誘いの言葉を頂きました。

個人的には、誘って頂き大変光栄で、本当に嬉しく思いましたが、

次の日、朝早く仕事があると言う事で、

本当に残念に思いつつも

丁重にお断りさせて頂きました。


とその次の瞬間、

お2人の目がその日の夢に出て来そうな程、冷やかな物に変わったような気がしましたが

まぁ 多分おそらく気の所為なんじゃないかと思います・・



会場の東洋大を出る時、nhさんにひとことご挨拶しようかと思いましたが、

ご本人は片づけでお忙しく、ご挨拶はできませんでした。

代わりに、帰り際に片づけをしているおりがみ新世代のメンバーを見かけたので、

「お疲れさまでした」と軽くご挨拶をして、

皆さんの目を見ない様、その場を逃げるようにして去る事にしました。

ごめんね。




・まとめ


さて、こんな感じかな~?っと

ざっと時系列に振り返って、書きなぐってみたつもりですが、

何やら前回と同様、えらい分量になってしまいました。

(しかも分量に相応する内容でも無かったりして・・ まっいいけど)



その他、個人的に言いたい所として、

今回コンベンションでご挨拶できなかった方々もいらっしゃって、

ちょっと残念に思っています。



次に今回展示させて頂いた作品に関して、

思ったより小さいというご感想をいくつか頂きました。

実は当初は大きい紙で造った作品を用意する予定でしたが、

前日まで色々と忙しく、作品を作るための充分な時間が取れなかったのでした。

その点もちょっと後悔していて、

来年また出展させて頂く機会があれば、リベンジしたいなぁと思っています。




それと完全に余談になってしまいますが、

コンベンションの会場でみかけた奇妙なこの虫・・・

こいつは一体何なんでしょうか?

昆虫に詳しそうな勝田氏とnh氏も知らないそうで、

僕もあれからちょっと調べてはいるんですが、

結局よく分からずじまいのまま、今に至っています。

実は未知の生物なのでは?


謎の虫






最後に、繰り返しになりますが、

コンベンションの運営に尽力された皆さま、

大変お疲れ様でした。

機会がございましたら、来年以降もまた宜しくお願い致します。



Mitte Caytanet氏
Mitte Caytanet氏の作品(ジジが可愛い、作者であるMitte Caytanet氏には、コンベンションで少しだけお話させて頂く機会があった。いつだったかは忘れた・・)


楓氏
楓氏の作品(デイノニクスが好み、他にも良い作品があって写真を撮ったのだが、これよりもピンボケがひどいという・・)

小林弘明氏& cyclommatus
小林弘明氏(左)& cyclommatus氏(右)の作品群(コンベンションの写真は、本ブログに掲載しているものとあと数点あるのみである。どうゆうことだろう・・何のためにデジカメ持って行ったのか・・  次回こそは)
2013/09/15 17:16|折り紙TB:0CM:4
 コメント
No title
コンベンションお疲れ様でした。最後の方に出ている虫なのですが、下に敷いてある紙がオークションのものだとすると、体長1cm以下で、翅(?)に模様があるように見えたので、「マダラアシナガバエ」(に近い種類)だと思います。(金属光沢が写真では分かりませんが…)違っていたらすみません。
cyclommatus #-|2013/09/16(月) 09:48 [ 編集 ]
>cyclommatusさん
コメントありがとうございます。
それと、こちらでははじめまして。

情報どうもありがとうございました。(^^)
翅(?)には確かに模様がありましたが、金属光沢はありませんでした。
当時の記憶がちょっとぼやけているので、
あまりはっきりとは言えませんが、
イメージとしては蚊やガガンボ近い感じだったような気がします。
おそらく、これらの種の昆虫が何らかの外的要因で
体の一部が損失、または変異してしまったものではないかと想像しているんですが。
素人なので、何とも言えない所です・・
SHUN #-|2013/09/16(月) 13:24 [ 編集 ]
No title
オラの元気を分けてやるー!!

仮ピー #-|2013/09/16(月) 20:53 [ 編集 ]
>仮ピーさん
ありがとう。

でもくらえ
元気3倍返しだ!!!
SHUN #-|2013/09/16(月) 22:37 [ 編集 ]
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/90-258b94a6

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。