Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【ご報告】第19回折紙探偵団コンベンション2日目

展示場の風景
折紙探偵団コンベンション作品展示場の風景(手前の作品は確かBernie Peyton氏の作品だったと思う・・)


いけない、いけない、

そういえば、ゴルゴ13さんと、

ブログでコンベンションの報告をするってお約束をしていたんでしたね。

大変遅れ馳せながらですが、コンベンションの報告をさせて頂きます。




まずはじめにですが、

コンベンションの運営に携わっていたボランティアやスタッフの皆さま、

大変お疲れ様でした。

それと、当日2日間、お話させて頂いたりして、お世話になった方々にもお礼させて頂きます。

本当に有難うございました。

皆さんのおかげで2日間、とっっっっても楽しい時間を過ごす事が出来ました。




さて、早速本題に入りたいと思います。





・コンベンション1日目・・


1日目についてですが、

大変申し訳ない事に、私は参加していません、

イン ザ ホーム イン ザ ベットで、寝てました、ぐっすりと。

お布団気持ち良かったです。


という訳で2日目からの報告をさせて頂きます。








・受付~作品展示場にて

コンベンション会場の東洋大に着き、受付を済ませてから、

私は直ぐに自分の作品を展示するために、展示会場へと向かいました。



っとここで、コンベンションに初参加の立場での最初の第一印象

話には聞いていましたが、参加者の皆さんは小学生~お年寄りまで結構バラエティ豊か、

それと意外にも若いねえちゃんも何人かいたりしました。

あとは、イメージしていたのとは若干違い、良い感じにゆるい雰囲気。

僕の様に初めて参加する人間でも、居心地は悪くないかも、っと思いました。



コンベンション展示
折紙探偵団コンベンション作品展示場の風景 その2(手前の作品はBernie Peyton氏のowlets)


さて、展示場に向かってからのお話に戻りますが、

そこに着いてから作品を並べていると、

横になんと、あのティーバック折り紙の旗手NOCCHOさんのお姿が、

見た目、爽やかなインテリ青年といった雰囲気。

やや緊張しながらご挨拶をさせて頂いた所、

私の拙ブログをいつも見ていると言って下さったばかりか、名刺まで頂戴してしまいました。

(嬉しい やったー!!(^ ^)v  ありがとうございました。)


(※後でデジカメを見なおしたらNOCCHO氏の作品を撮り忘れていた事に気がつく・・・
うぅ ごめんなさい! でも何で!? ちゃんと撮ったと思ったのに!!!)





そのあとで、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人skさんともお会いし、

軽くご挨拶を交わしました。

skさんに限りませんが、新世代のメンバーって意外と皆さん大人っぽい雰囲気がします。

拙作「子型ティラノ」を可愛いと言って下さり、とても嬉しかったです。

でも僕よりも上級者の方にお褒めの言葉を頂くと、何だか恐縮(^^;)







それから、多彩なジャンルの高クオリティ折紙作品を

もう半端じゃないぐらいのスピードで数多く創作されている、

プチアート工房のゴルゴ13さんともお会いできました。

見た目、超ダンディで素敵な方です。ゴルゴ13さんというHN・・何かピッタリw

名刺ありがとうございました。

ゴルゴ13さんの作品群
折紙探偵団コンベンション作品展示場の風景 その3(ゴルゴ13氏の作品群、
今回は主に海洋生物を中心としている模様)




ちなみに余談ですが、僕の作品を展示させて頂いた机、(前の机との間隔が異常に狭い・・)

右横にNOCCHOさんのティーバック折り紙作品群。

左横は、なんとあの神谷氏の作品群が並んでいました。

お二人とも、とっっっっっっても素晴らしい完成度の作品で、

思わず、

「一刻も早く僕の作品をどっか別の場所に移してくれ!!」

と叫び出してしまうところでした。

何故あれほどのクオリティの作品達にサンドイッチされなきゃならないのでしょうか?

うぅ  は・・・恥ずかしい (〃ノ△ノ)

僕の作品は、どっか隅の方に置かせて下さい。





展示場
折紙探偵団コンベンション作品展示場の風景 その2(右側が私の作品、左は神谷 哲史氏の作品、
クオリティの差は歴然である)




それと、展示会場で作品のセッティングを調整していたら、

スタッフの方のお一人にセッティングについて注意等を受け、

そのまま、それについてちょっとだけ会話したのですが、

誰だろこの人?変なおっさんだなぁ と名札を覗いたら、

ほう・・じょう・・  たか・・し 

という漢字の文字が見えて、一瞬顔が青ざめました。

が、しかし次の瞬間には冷静さを取り戻し、

落ち着いて目を閉じて・・

見なかった事にしました。(おそらく見間違え、見間違え。)


最後ですが、

海外からのゲスト、チリの折り紙貴公子こと、あのニコラ・ガハルド・エンリケス氏・・・

いえ エンリケス様にお声をかけて頂きました。

おぉ!! 顔もイケメン・・・・・  あれっ? でもちょっと太ってる?

氏に拙作ティラノサウルスを褒めて頂く・・なんと恐れ多く、光栄な!

ありがとうございます。

(ちなみにニコラ氏はゴルゴ13氏の作品も絶賛されていました。 流石・・)





・全体会~お昼

全体会会場
折紙探偵団コンベンション全体会会場の風景(奥の方でロバート・J・ラング氏と
先程紹介したニコラ氏が立っている。)


展示場から出て、全体会が始まる会場に行き、

適当な席についた所、

教室の受講申込用紙に希望の教室を書く為のペンを持っていない事に気付き、

後ろの席の方にペンを貸して頂く事に、

その方が何と・・・


本ブログでもいつもお世話になっている、あの折紙界の新鋭おりゆーがさんだと言うではないですか!!

お互いにもうびっくりです。・・・・偶然とはまったく恐ろしいですね。

でも、ちゃんとお会いできて良かったです。

年下だけど僕より全然落ち着いた雰囲気で、頭も良さそう・・

それと北海道民だった事に軽く衝撃を受けましたw

おりゆーがさんとは、この後も色々と行動を共にさせて頂いたり、

お話をさせて頂く事が出来ました。



おりゆーが氏との楽しい会話の後、

自分の作品の様子見のために作品展示場に戻った所、

やや慌てた様子で、作品をセッティングされている仮ピー氏と遭遇。

仮ピー
仮ピー氏の作品群 (氏の作品は、蛇腹っぽさを全面に押し出した、ど派手で大胆な雰囲気が持ち味w)


これもまた何たる偶然!すかさず挨拶を交わさせて頂く事に。

お会いした印象は、nhさんも仰ってましたが、

これぞ薩摩隼人!っといった雰囲気、なかなかの好青年ではないですか!

仮ピーさんには、おりゆーがさんと同じく、

この後2日間を通じて、行動を共にさせて頂く機会が多く、

大変お世話になりました。(^^)




さて、折紙教室の受付を済ませた後、

全体会がありましたが、

う~ん 内容をよく思いだせない、(ごめんなさい)

とにかく何かあって終わり、お昼休みの解散となったので、

教室が始まる前におりゆーがさんを誘って一緒に昼飯を食いに行く事にしました。



「2人だけじゃさみしいね」という事で、あと一人誘おうと仮ピーさんの元へ行くと、

何とそこで、おりがみ新世代の裏ボスnhさんに遭遇!

nhさんのオリエンタルなヒップホップアーティストとも言うべき

奇天烈なファッションセンスに驚愕するもつかの間、

何とここで、nhさんをはじめとして、文字折りのスペシャリストA-氏と、

新世代の折り紙王子ささみ氏、お名前を失念してしまいましたがベテランの折り紙愛好家の方、

そして、かの有名な折り紙作家「小松英夫氏」という

この超豪華絢爛なメンツと共に、私たち3人はお食事を共にさせて頂くという流れに・・



うわー とんでもねぇ状況になったもんだと、最初はやや戸惑いましたが、

nhさん達は、意外にも非常に親しみ易い雰囲気を持った方々で、すぐに緊張は解けてくれました。

皆さんには、大変貴重なお話をさせて頂いただけでは無く、

ご飯までごちそうして頂き、本当にありがとうございました。

・・ありがた過ぎて、もう何と言って良いのやら、 筆舌に尽くし難いとは正にこの事です。



余談ですが、

ファミレスでのお話の中で、一番印象に残ったのは小松英夫氏のお話。

胸にすっと落ちるものを感じました。

それと、ちゃっかり貴重なカニの折り図を見せて頂いたりもして、

もう幸せ過ぎて目眩が・・・


それと、僕にとって一番大切な話ですが、

nhさんには、このファミレスの一件だけではなく、

この2日間を通して一番お世話になりました。

僕より少し年上の方で、意外にも面倒見の良い方なのか、

不肖な僕に色々と良くして下さり、本当に有り難かったです。

いつも陰で、おりがみ新世代の裏ボスだとか、おりがみ新世代四天王最恐だとか、

温度の低いコメントの人、だなんて呼んでいて、本当にすいませんでした。m(_ _)m





・おりがみ教室

午後からのおりがみ教室、

私は一番はじめの講習として、skさんの「マンジュウガニ」の受講を希望していました。

土曜日のこの日は、希望通りの講習が全て受けられて良かったです。



さて、肝心のマンジュウガニの講習について、

やや上級者向けな展開図折りの講習で、

配られた展開図は、これぞ22.5度っといった感じの雰囲気、

とても綺麗だなぁって思いました。(こういうの僕も作りたい・・・)


展開図折りは苦手でしたが、skさんのアドバイスに助けられた事もあり、

何とか時間内に折り上げる事に成功。



マンジュウガニ
sk氏のマンジュウガニ (写真中央のカーキー色のややでかいのが私の折ったもの、下手くそである)



う~ん、でも、もうちょっと綺麗に折らないとですよね・・(^^;)


因みに余談ですが、

この教室で、おりがみ新世代で、おなじみのあのcyclommatusさんともお会いできました。

すんげぇ若くてびっくりしました!! この御年であのレベルの作品を作るなんて。( ̄▽ ̄;)

いやはや、頭が下がります。





次の講習はNOCCHOさんの講習で、山口真氏の「ティーバックのブーツ」

とても可愛らしい作品です。

(靴ひもの部分を真結びで結ぶ・・という折り手順、僕の中ではとても斬新で軽く衝撃を覚えた。)



最初いきなり、でかいティーバックの紙が出て来てびっくりw

NOCCHOさんの講習はとても丁寧な進行だったので、とても折り易かったです。


折り終わった後、作品は拙作「子型ティラノ」に履かせましたw

すいません、ついつい思いつきで魔がさして・・・(^^;)


子型ティラノ
子型ティラノ(コンベンションの為の折りおろし(?)作品。
写真はNOCCHO氏の講習で受けた 山口真氏のティーバックのブーツを履かせている。)




この日最後の講習はゴルゴ13さんの「ハートの箸袋」と「キスする鶴の箸袋」

折り図を見ながらの講習で、非常に丁寧で分かり易い折り図が配られていました。

インサイドアウトを巧みに利用した、非常に可愛らしいセンスの作品で、

ゴルゴさんのビジュアルとのギャップがw


ハートの箸袋&キスする鶴
ゴルゴ13氏のハートの箸袋とキスする鶴の箸袋(キスする鶴の箸袋は左右を対象とするのがやや難しい。)


折り手順も中々面白い作品で、個人的にこの日最後のシメとしては、

申し分ないほどに楽しめました。



余談ですが、

ゴルゴさんには、この後の懇親会前に「エイ」の折り図まで頂く事ができました。

ありがとうございます。





さて、

とりあえずここら辺で、コンベンションの報告は一旦お開きにします。

次回はちょっと期間を置かせて頂きますが、懇親会と3日目の報告です。

楽しめるかどうかは定かではありませんが、

どうぞお楽しみに。




---------------(追記)------------------------


・今回初顔合わせをした方に、事前のイメージと違うと言われる事が多かったような気がします。
 そうでしょうか? 自分で言うのもアレですが、けっこう僕って「恐竜っぽい顔」してません?


・デジカメで撮った写真を後で見なおしてから、初めて気付いたのですが、
 あまりたいした数の写真は撮れていませんでした。
 ほとんどが、コンベンション会場でみた変な虫のピンボケした写真ばかりという体たらく・・
 どうやら見るのに夢中で、シャッターを押すのを忘れていたみたいです。
 まったく、何のためにデジカメ持っていったのか・・・・・


・記事が無駄に長い・・・
 余計な事ばかり書くからだろう





2013/08/31 13:40|折り紙TB:0CM:0
 コメント
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/88-0df43c7f

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。