Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【お蔵入り折紙作品】イクチオサウルス

イクチオサウルス

不切正方形1枚折りのイクチオサウルス。


水生爬虫類第2弾。

「プレシオサウルス」と同時期に開発をスタートさせていた作品です。



----------------------------------------------------------------

イクチオサウルスは多くの創作家によって創作されていますが、

折紙という表現媒体の持つデザインの制約上、「イルカ」でも「魚」でもなく、

「イクチオサウルス」だと一目見て分かるような作品にするのは困難なような気がします。

本作では、そんな困難にあえてチャレンジしてみました。


そしてこの作品を身内に見せた所、「かわいいイルカさん」だと言われました。(T T)

(何故だ? おっかしいなぁ・・・・)



さてこの作品、キバの付いたデザインは

魚を中心とした創作折紙で有名なキャリコ氏の「イクチオサウルス」のまるっきりパクリですね。

申し訳ありません。

この作品の特徴的な目の表現は、同氏の「イクチオサウルス」のHP記事の内容からヒントを得ています。

前回のプレシオサウルスの時でもそうでしたが、

私は他の創作家の方々の作品からアイディアを「盗む」事が多い様です。

(”模倣”や”同じにする”では無く”盗む”というのが大きなポイントで、完全に自分の”モノ”にしようとするのです。罪の重さが全然違いますね・・・)

世界中の創作家の皆さま、本当に、本当に申し訳ありません、

私は非常に手癖の悪い創作家なのです。



・・・・とは言っても、

全然罪の意識はありません ふふふっ



イクチオサウルスの頭部

この作品の最大の特徴である頭部についてですが、

生物界屈指の巨大な目を持つとされるイクチオサウルスを表現するには、

やはり目の表現に力を入れるべきだと考え、目のパーツ作りから創作をスタートさせました。

白目と瞳をインサイドアウトで分けると面白いデザインになるのではないかと考え、

写真のような目の表現にしましたが、

全体を完成させてみると、思ったよりもデフォルメがきつく、

私の他の作品からちょっと浮いてしまっているようです。

それに、非常にユニークな作風で知られるスペインの折紙作家 

フェルナンド・ヒルガド氏の一連の創作群にもちょっと似てる気がします・・・

ですが、まぁ

このチャーミングな瞳に免じて許して上げて下さい。


そして、先にも述べたようにキャリコ氏のイクチオサウルスみたいにキバを付けていますが、

創作当初はキバを付けるつもりはありませんでした。

口の部分を弄っていたら、キバを折り出せそうだという事に気付き、

多くの折紙作家が使用する「クワガタムシのアゴのトゲ」を折りだす方法を参考に、

写真のようなキバを折りだしてみたのでした。

結果的にティラノサウルスともプレシオサウルスとも違ったキバの折りだし方ができて、

個人的に大いに満足しています。

折紙創作を続けていると、稀に紙からアイディアのヒントを貰う事がありますが、

それを一度体験すると、折紙創作の魅力にもう病み付きになってしまいます。


イクチオサウルス横から

最後にこの作品の全体の構造についてですが、

私の恐竜作品としては初の”ブック型”の作品になります。

私は作品を”ダイヤ型”で構成させる事が多く、ブック型での創作は少し苦手でしたが、

(ダイヤ型とブック型については・・・・すいません、検索して調べて頂きたいと思います。)

今回の作品は構造面でも、珍しくちょっと面白いものが出来ました。

基本的には8等分の蛇腹とアヤメの基本形を繋げた構成なんですが、

その繋ぎの部分に変則的な比率のヒダを使用しているんです。

苦手ですが、何としてでも展開図を描いてみたい作品になりました。

その内公開するかもしれません。

今はまだ納得できる展開図が描けません・・絶賛勉強中なので気長にお待ち下さい。


イクチオサウルス基本形 イクチオサウルス基本形

別方向から  別方向から

(※2013/03/20 基本形の写真追加 )



それにしても、他の創作家の方々は何で展開図なんて描けるんでしょうか?

私は展開図から作品を作る人を尊敬します。



夢の共演!フェルナンド・ヒルガド氏のイクチオサウルスと


おまけ

フェルナンド・ヒルガド作「イクチオサウルス」との夢の共演。
(「DINOGAMI」  COLLINS & BROWN 刊 より)


先にもご紹介させて頂いた、スペインのフェルナンド・ヒルガド氏の「イクチオサウルス」です。

図々しくも共演させて頂きました。

氏の著書「DINOGAMI」は一風変わった恐竜折紙の本で、

恐竜折紙が好きな方には是非ともお勧めしたい一冊です。

片手ハンドサイズより少し大きい程度の小さめの本ですが、

全ページオールカラーで見易い折り図と、とっても綺麗な作品写真が見られます。

それと、作品数も20点とボリューム多めに収録されています。

氏ならではのユニークな創作品が見られるのも魅力です。

以上、CM終わり!
1999/01/19 19:55|お蔵入り作品TB:0CM:0
 コメント
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/36-1b92cdfa

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。