Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【創作日記】スピノサウルス その3(?)

バリオニクス

バリオニクス 不切正方形一枚折り

創作日 : 2016年1月

使用紙 : 越前もみがみ

用紙サイズ : 55×55

備考 : 自立せず、頭部の造形が左右で若干異なっている。


スピノサウルスを折ってたつもりが、

どういうわけかいつの間にかバリオニクスを創作してしまいました。

もともとこの作品は、前回紹介した半ブリル式スピノ頭部のパーツが気に入ってしまったので、

試しに簡単な作品で試してみようと思い創作してみたものですが、

思った以上に良い出来になったようです。

展開図も後日描いてUPしようかと思います。


とは言え、この後説明しますが

実は正式な作品にはちょっと出来ない作品なんですよね・・


バリオニクス2

バリオニクス3

バリオニクス4


この作品で気に入っているのは背中をsmooth back(スムースバック)に出来た所です。

smooth backというのは背中に余分なフチが一切出ていない作品の事です。

海外の作家さんだと、割りとこういった作品が多い傾向にある印象です。

(smooth backについてはコマツ氏がtwitterでツイートされた内容をまとめたこちらが参考になります)


それに加え、後肢の部分に今まで使用したことのない立体化の表現を使用しています。

最近、楓さんがティラノサウルス等で独特な立体感を駆使した恐竜作品を発表されていて、

それに影響を受けた次第です。

げんさんがティラノサウルスに使用しようとした後肢の立体化にもちょっと似ているかもしれません。



反対に気に入らない点は、

なんといっても自立しない点です。

僕の作品は翼竜や首長竜等の例外を除けば、自立するように創作しています。

この作品でも全身のバランスを調整したりして何とか自立するように調整してみましたが、

どうあがいても自立出来るような作品には出来ませんでした。


また首と胴体の接続部分がジェイソン・クー氏のHJ・REXばりに硬くなってしまったのも、

僕にとってはちょっとマイナスポイントです。

普通の折り紙用紙で軽い気持ちで折るとぱっくり割れます。ガッデム!


あとは、頭部を左右対称するに当たって調整する部分が多い等でしょうか?

人によっては後肢の指が折り出せていない点も気になるかもしれませんが、

正直僕は、んな事どうだっていいです。

折り紙作品における指は、ただ折り出すだけなら単なる飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。


おっと、毒(?)が出てしまいました。すみません。

話を変えまして・・ 冒頭で言った、この作品を正式な作品として採用出来ない理由は

実は上記に挙げた気に入らない点とは別にあります。



僕は一般的な知名度はさておき比較的有名な恐竜ばかり創作しています。

色々反感を買うかもしれませんが、なぜ僕がそういう事をするかというと、

それは僕自身が川畑氏や高井氏が構築した恐竜折紙作品のテンプレートを

僕なりに再構築して、新たなスタンダードを作ろうという目標と関係しています。

代表的な恐竜をあらかた折れば、必然的に全ての恐竜が表現しやすくなると考えていて、

僕の作品はそういった考えを反映している訳なんです。

バリオニクスは比較的知名度の高い恐竜ではあるかと思いますが

スピノサウルス類(?)の中で一番代表的な恐竜とは言い難いので

残念ですが僕の正式な作品には出来ないという訳なんです。

(仮にバリオニクスを正式な作品とした場合、

スピノサウルスは正式な作品には出来ないです)



とは言え、バリオニクスは僕にとってはスピノサウルスよりも思い入れのある恐竜だったりします。

僕が恐竜にハマりだした小学校時代、バリオニクスの模型を叔父に買って貰った思い出があり、

この作品で折った紙の色もその模型の色に影響されています。

(模型は黄緑色でしたが・・)

その当時はバリオニクスのローマ字表記がちゃんと読めなくて”バイオニクス”と間違って呼んでいました。

当時(1990年代)のバリオニクスの復元は四足歩行が主流で、

模型はクマの木彫みたいに四つん這いになって爪先に魚を押さえつけるポージングをしていました。

現在は2足歩行の復元が主流となっていますが、

僕は上記の経緯もあり四足歩行のバリオニクスの方に愛着があります。


スピノの頭部のパーツを試してみたいという軽い動機で創作し

諸々の理由で正式な作品にはし難いとは言え、

バリオニクスという恐竜への思い入れに加え、

僕が使用したことのないような表現方法を積極的に取り入れようとした意欲作でもあるので、

僕の作品の中でどういった立ち位置にしようか「コエロフィシス」や「ニッポノサウルス」

と共にちょっと迷っている作品でもあります。


んでもって、スピノサウルス創作のハードルをまた上げてしまったような・・

でも、1年ぶりに僕の正式な作品を作るのであれば、この程度ではまだまだ満足出来ないです。

僕自身が創作家として一皮剥けれた、大きく成長出来たと思えるような、そんな作品を作りたいです。


2016/01/05 02:30|創作日記TB:0CM:0
 コメント
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/230-df8917ca

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。