Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【作品】ランフォリンクス

ランフォリンクス

不切正方形1枚折りのランフォリンクス。


パラサウロロフスの記事に「おまけ」を付ける前にこいつが出来てしまうとは・・・



※5/30  追記


ランフォリンクス後ろ

ランフォリンクス横


ランフォリンクス上


ランフォリンクス展開図


開発期間およそ半年!!

本ブログで公開できるような状態まで持って行くのに、相当苦労しました。

こんなに苦戦したのはアンキロサウルス以来です。※

その割には、見た目あまりパッとしない感じがするので、

何か・・・報われなさを覚えます。(- -;)

(※他の創作家の方からすれば、もっと時間をかけて造らんかい! と言いたい所かも分かりませんが・・)



さて、ランフォリンクスは比較的メジャーな翼竜だと思うんですが、

意外な事に、ネット上や雑誌等で一般の人が見る事ができ、

尚且つ、ある程度量感のある複雑系折り紙で、この翼竜を創作されている方って非常に少ないです。


(※ここで言う「ある程度の量感」というのは、極端に言えば指を生やした作品の事を言っています、

まぁ 指生えてりゃいいというもんでもないのですが・・・)




僕の場合、前例が無いといいますか、

参考となるような折り紙作品、いわゆるサンプルのようなものが何も無い状況というのは

ちょっと困るんですよね(^^;)

というのも、一から構造やらデザインやらを自分で考えなければいけないので、

創作にかなりの負荷がかかってしまうんです。

ですので創作家のみなさん、お願いですからもっと翼竜を創作して下さい。

何でこんなに翼竜折ってる人って少ないんですか!?(><)

(※単なるわがまま)




それと、プテラノドンの記事でも少し書いた事もありますが、

翼竜は非常に難しい創作対象です。 

この作品を創作していて、それは確信しました。

例えば皮膜と足の接続部分の表現なんかは、折り紙表現する上で、

要求される技術が他の一般的に折られている古生物より格段に高いのではないかと思います。


その他に翼竜が創作し辛い理由として、

参考にできそうな、ちゃんとした資料が少ないという事が挙げられそうです。

個人的に信頼できるような資料がないと、表現する上でイメージをつかむのが、ちょっと難しいんですよね。

まぁ、それはただ単に僕の探し方が悪いだけかもしれませんが、


とりあえず今回は、主にこちらのサイトにあるランフォリンクスの骨格イラストや化石写真を資料とさせて頂きました。

このサイト、とても見ずらいのが難点ですが、

産状図なんかも置いてあったりして、資料としては割と信頼できそうなものだと思います。

おかげさまで、おおまかな特徴は把握する事が出来た・・・ ような気がしています。





ランフォリンクス目


この作品、後足と皮膜の接続部分、前足の指の折りだし方、首の部分等の表現

折り紙作品としてのまとまり等々・・・

自分でもまだまだ甘いなぁと思う部分が多いです。(^^;)

ただ、個人的にちょっぴり気に入っているところもあるんですよね。



1つが「目の表現」。

いわゆるネコやワニ、一部のトカゲ等が持っている”縦長の瞳孔”を表現したのですが、

爬虫類っぽさが出ていて良いと思っています。

まぁ とは言っても、ほとんどの爬虫類は人間と同じまんまるい瞳孔をしていますし、

縦長の瞳孔を持っている生き物は、どうやら夜行性だけみたいなので、

ランフォリンクスにこの目玉の表現はちょっと不適切なのかもしれないんですけどね。

魚を食べていたとされるこの動物が、夜行性だったとは考えられませんし(あくまでイメージですが・・)

でも、キャラクター的な個性が出ていると考えれば、これはこれでいいのではないかと思います。

(本当はカワセミみたいなイメージで作りたかったのに、色々と台無しになっているのはここだけの話)




それと、プテラノドンでは糊付けしなくてはまともな形にならなかったのに対し、

本作は糊を使用しなくてもそれなりにまとまるようになりました。

その点は、苦労の甲斐あったなぁと思います。



あとキバも何か好きです、

翼竜にキバをはやした表現は、あまり見かけないので、

良いアピールポイントになっていると思います。

まぁ その内、キバが馬鹿みたいにたくさん生えまくった翼竜を折る創作家が現れると思うので、

アピールポイントとしての寿命は短いとは思いますが・・・・






・ 構造に関して


もういいじゃないですか、構造とかそんなの(^^)

ね?

どうでもいいんですよ。

展開図がちょっと変だとか、下手くそだとか、

そもそも紙の効率自体が悪いんじゃないか?とか

そういうのを気にしていてはいけないんだと、最近僕は思うんです。

考えちゃダメなんですよ。

とにかく折り紙で造りたい形を造る!

それが創作折り紙の全てなんです。



じゃあ・・ 

そゆことで





※ 2014/5/30 追記

この作品、構造的にはあまり好きじゃない作品なんですが・・

これじゃ、あまりに投げやり過ぎでしたね(^^;)

1点だけ、言わなければいけない事が抜けていました。


実はこの作品、この構造で最適な比率を探すため

色々な比率を試しまくっていた事がありました。


その中の1つに、若手創作家の森末圭氏に教えて頂いたものがありました。

我ながらこの事について何も語らないとは、不敬にも程がありますね。

申し訳ないです。



ただ、その比率は、翼の部分を22.5°の角度で構成できるようなものではあったものの、

翼の幅が思ったより狭い見た目になってしまう上に、

内部の紙が更に厚くなり、まとまりも悪くなってしまう等々で、

結局採用できなかったんですよね。


せっかく僕のリクエストに応えて教えて下さったのに、森末氏にはとても申し訳ない気持ちです。

本作では採用できませんでしたが、別の機会に使用できるよう、

森末氏から教えて頂いた比率は、創作メモには残しています。





おまけ

ネコちゃん

ネコちゃん


ランフォリンクスの目と、同じものを使用して創作しました。

この目玉の表現、ただ単に 22.5°で構成された辺カドを潰してでっち上げただけのものですが、

色々と応用が効きそうです。

ただし、若干使いにくいです。



(終わり)
2014/05/24 20:18|作品TB:0CM:4
 コメント
ランフォリンクスですね~
ランフォリンクスは初期の翼竜で、尻尾も長い感じがよく出ていると思います。SHUNさんが仰るように目が爬虫類っぽい。牙もGOOD
僕も今、ドラゴンを考えていて、翼竜のデザインを生かしたいと思っています。
橋間です #YhxRTNrk|2014/05/26(月) 15:51 [ 編集 ]
Re: ランフォリンクスですね~
コメントありがとうございます。
度々ご訪問頂き、大変光栄に思います。

この作品、まだまだ課題もたくさんありますが、
目標としていた造形までは到達できたと思っています。

僭越ながら、
橋間さんのドラゴン、
翼竜のデザインを生かされるのですね。
どんなデザインになるのだろうかと、
ますます期待が膨らみます。

SHUN #-|2014/05/26(月) 19:58 [ 編集 ]

背中が前よりもキレイになっていていい感じですね!

確かに、この眼によって爬虫類アピールができてると思います。
自分は目玉を折ったことが殆ど無いので、やってみたいと思いました。
えずの軍団 #zI09.20A|2014/05/26(月) 21:23 [ 編集 ]
>えずのさん
コメントありがとうございます。

背中の処理には苦労させられました(^^;)
綺麗になったと言って頂いて、頑張った甲斐がありました。

僕の作品を見て、チャレンジしたいと思って頂けたようで、
思わず「よっしゃ!」っと掌を握ってしまいました(笑)
えずのさんの刺激になるような作品になってくれたようで、
作者としてはとても嬉しい限りです。

目玉の表現は、僕の一連の作品の「肝」とも言えるようなものですので、
今後も個性豊かな表現を追求して行きたいです。
SHUN #-|2014/05/26(月) 22:41 [ 編集 ]
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/210-6d73abd2

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。