Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【作品】スティラコサウルス

スティラコサウルス


不切正方形1枚折りのスティラコサウルス。



満を持して。。。。


後ろ姿
横
スティラコサウルス展開図





スティラコサウルスは角竜の中では、トリケラトプスと比肩する知名度と人気を誇る恐竜です。

私の作品の看板ともいえるようなものが欲しくて、

昨年からヴェロキラプトルと共に創作をしていました。




折紙でスティラコサウルスと言えば、川畑氏と神谷氏の作品が非常に有名でしょう。

私も創作する際、折紙界のトップとも言えるお二方の作品を意識しない訳にはいきませんでした。

実際、昨年プロトタイプと言えるようなものを造った時は、

神谷氏のスティラコの影響が若干とはいえ、まだ抜け切れていませんでした。

(インサイドアウト表現のおかげで、差別化は出来ていましたが・・)



ですが約半年間、苦労を重ねた今回のリメイクで、

ようやく神谷スティラコの影響から脱却する事ができました。

と、個人的には思っているんですが・・・・ どうでしょうか?(^^;)




構造に関して・・


本作は小松英夫氏のトラの構造を下敷きにして基本形を造りました。

そして頭部の方は、トリケラトプスで使用した構造をほぼそのまま使い回しています。

基本的に私は、恐竜作品を創作する際、「パーツの使い回しをしない」という制約の元、

創作を行うというスタイルをとっていましたが、

この恐竜の「ホーンレット」と呼ばれるフリルのトゲと、

鼻の頭に生えた長い角をインサイドアウトし、尚且つフリルに紙の裏地を見せないようにする。

その為の手段を色々と試した結果、結局トリケラちゃんと同じ手段を取るしかないという結論に至ったのでした。

(非対称構造等色々とやってみたんですが・・ むむ無念。。。)

ですがまぁ、その代わりとして、

私の恐竜作品では初の、内部カドから脚のパーツを全て折りだす手法を実践できたので、

ちょっと悔しいのですが、良しとしたいです。




カド配置についてですが、

比率は8等分がベースになっているので、配置は比較的分かり易いかと思います。

ですが、後脚部分や頭部は、訳のわからない角度や比率が混じっているので、

展開図折りは少し厳しいかもしれません、(ごめんなさい^^;)

それと、3月の例会で発表させていただいた際、この作品のポイントとして、

18度を使用したと説明させて頂きましたが・・・

ご覧の通り、実際にはフリルのホーンレットの一部に使用している程度で、

こんなの使用した内にはいんねぇだろうが! というツッコミは、

まぁ、絶対くるだろうなぁと、覚悟はしています。


18度は、ホーンレットの紙の裏地を反転させるために部分的に使用しています。

初めは15度を使用していたのですが、カドをもっと細くしたいなぁ~ っと考えていた所

板垣氏の18度カメレオンを思いだし、使用してみたのでした。

(ちなみに18度カメレオン、展開図を見た事がありますが非常に美しいものでした。

俺の変てこな展開図とは比べ物になりません、しかも一部間違ってるという・・ あっ言っちゃった。)




今後の課題など・・


全体のボディバランス、後脚の中足骨の表現など、スティラコサウルス作品としては、

まだまだ踏み込みが甘い箇所が多いです。

さらに、胴体の立体化が中途半端等、折紙的な表現でも色々と改良し甲斐がある作品と言っていいでしょう。

ですが、去年仕上げたプロトタイプとは比べ物にならない程の完成度には出来ているので、

現状はこれで満足する事にします。


スティラコサウルス


口空けたバージョンも造ってみました。 こっちの方がいい?

でもちょっと全体のバランスが~ 難しい。









おまけ

スタイリッシュティラコサウルス

スタイリッシュティラコサウルス??


おまけを忘れる所でした(^^;

無料で画像加工できるHPがあったので、ちょと遊んでみました。

如何でしょうか、 かっこいいでしょ?


ちなみにHPはこちらhttp://www.fotor.com/jp/index.html
2014/03/12 15:24|作品TB:0CM:4
 コメント
ご無沙汰しております。
とてもかっこいいですね!

頭部に領域を多く費やすと
胴体がスカっとしがちですが、
足を内部から出すことによって
うまくバランスがとれていていいです。

目の色分けや体に余計な線が入っていないのも
すごいなぁと思いました。

クレープペーパーもいい味だしてますね
(折るのが大変そうですが…^ ^)
おりゆーが #hSd2bXos|2014/03/19(水) 23:44 [ 編集 ]

お久しぶりです。

美しかっこいいですね!
特定の作品名というより、恐竜のSHUNさん、というのがだんだん広まってるような気がします。
えずの軍団 #qjsITxmk|2014/03/20(木) 10:23 [ 編集 ]
>お二方
仕事の関係で、少し反応が遅れました。
すみません。
コメント、ならびに作品の評、
ありがとうございます。

お二人とも、本当にご無沙汰ですね。(特にえずのさん)

>おりゆーがさん
そういえば、クレープ紙を使って折紙するのって、
キャリコさんか僕ぐらいしかいないような気がしますね。(^^;)
確かに折り難い、、、
でも紙を貼り合わせる手間からは解放されますよ。(それが一番大きなメリットw)
おりゆーがさんも是非一度お試しあれ。

>えずの軍団さん
大変遅れ馳せながら、合格おめでとうございます。
えずのさんが復活されたとなれば、僕もうかうかしてられませんねw
えずのさんに恐竜の折紙の看板を取られないように、
今後はさらに気合を入れて頑張りますよ!!!
SHUN #-|2014/03/21(金) 11:34 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2014/12/20(土) 12:58 [ 編集 ]
 コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://openthink.blog.fc2.com/tb.php/203-f67be156

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。