Open-Think

主に私の創作折紙の私の趣味を中心としたブログです。 ご意見・ご感想等、なんでもお気軽にどうぞ

折り紙ギャラリー

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Open-Thinkは、
折り紙用語のopen-sinkをもじった造語です。

当ブログは、
私の恐竜を中心とした
折り紙作品を展示するブログです。

因みに本ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ、

カテゴリ

twitter

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 【折紙裏ページ】メイキング・オブ・プレシオサウルス




メイキングというより、

制作過程を写真に撮っていたので、折角なので公開してしまおうという記事です。

なぜ、制作過程を写真に収めたかというと、

実はティラノサウルスとかトリケラトプスの折り方をど忘れしてしまって(笑)

いやいや、

笑い事ではありませんね、折ればきっとまた思い出せる気がするんですが・・・



っとそんな訳で、今後は繰り返し折らなくてもある程度折り方を思いだせるように、

何かに記録しておかなくてはと考え、写真に収めていたのです。

他の作品も同じように制作過程の写真を公開するかもしれません。


そんな訳ですので、折り図のように分かり易い折り方の説明ではありませんので。

その点はご了承下さい(ある程度の解説はあります)


ですが、コンプレックス折紙にある程度精通している人であれば、

本記事を見ながら折る事ができる・・・・かもしれません。

それではどうぞ



STEP1

・STEP1

まずは8等分で先端に正方基本形を折り出します。

写真では16等分の折り筋を付けていますが、いきなり間違ってますね。

まずは8等分からです。16等分の折り筋は後から付けるのでまずはご注意を。


STEP2

・STEP2

あれ?

何じゃこりゃ!? 

いきなり大事な部分をすっとばしてるじゃねぇか!!

まいったなぁ 集中しすぎてつい写真を取るのを忘れてしまってた・・

ここら辺の工程が抜けているとキバを折りだせないんですよね、

別の機会にでも写真を何枚か追加しときます。



STEP3

・STEP3

わかりにくいですが、STEP2のカドを上に持ち上げただけです。

この時点では、まだ何も折っていません。

これを川畑文昭氏のティラノのように段折りしながらキバを折り出します。



STEP4

・STEP4

こんな感じですね。ここら辺の折り方は見れば分かるかと・・・


STEP5

・STEP5

ひっくり返して、表から見るとこんな風になります。

良く見るとキバの形がそれぞれ違いますね。ここら辺は好き嫌い分かれそうです。


STEP6

・STEP6

おっと、これは何をしているんだ?

また大事な部分をすっ飛ばしてるぞ俺、

ったく、しょうがねぇなぁ・・・

また気が向いたら写真を追加しておきます。

(これじゃ誰も折れない・・)


STEP7

・STEP7

STEP6の一番左端に見える先端が四角いカドを後ろに倒したところです。



STEP8

・STEP8

STEP7を後ろからみるとこんな感じ。


STEP9

・STEP9

こんな風に中割り折りをします。 

ちなみに折るのであれば、見えにくいですが写真を良く見て折ってみて頂ければと思います。



STEP10

・STEP10

STEP9の状態で内側から紙を引き出します。


STEP11

・STEP11

裏っかえして、これはSTEP9の状態から、

この写真のように22.5°から半分の11.25°に折り込みます。

頭の部分はしずめ折り(オープンシンク)しています。



STEP12

・STEP12

ひっくり返して表に、

STEP10で出来たカドはうまく使えば、目とか折り出せそうですが、

位置が微妙で上手く扱えなかったので・・



STEP13

・STEP13

こんな風に沈め折りして隠しちゃいました。

今度はクローズドシンクです。

「内部カド、使えぬならば、沈めてしまえ、ホトトギス」(字余りに余り・・・) SHUN

信長が現代に生きて折紙をしていたら、こんな風にしていた事でしょう。



STEP14

・STEP14

くだらない話はさておき、

次は紙の層の入れ替え作業です。この写真は見えにくいですが、

次の写真をみてみましょう。

STEP15

・STEP15

ちょっと強引に写真の様な形にします。(ツメ伸びてんな俺・・)

これをしないとSTEP42でやるようなインサイドアウトの為のひっくり返す作業が出来ないのです。



STEP16

・STEP16

前足を折りだしています。

ちなみに写真はホイルで折っているので、余分な折り線がつかないよう紙をたるませています。



STEP17

・STEP17

見る位置を変えて、

今度は後ろ足を折りだしています。

ここら辺の折りだし方は小鳥の基本形とヒントを言えば分かるのではないでしょうか。

たぶん

STEP18

・STEP18

こんな風に正方基本形に折りたたみます。

そのあと、ツルを折る要領で尻尾を折りだします。


STEP19

・STEP19

ちょっと見る位置が変わりましたね。

尻尾を半分の角度で折っています。

反対側も同じです。


STEP20

・STEP20

これはSTEP19の反対側も折った状態です。

・・・・・・・

これ見えにくいな。そして必要かこの写真?

見る角度も変わっちゃったし・・・



STEP21

・STEP21

STEP20をひっくり返したもの。

この写真で見えている内部カドを・・・



STEP22

・STEP22

後ろに折り込んで隠しちゃいます。


STEP23

・STEP23

またひっくり返して、後ろ足の折りだし。

ここは一応基準はありますが、ぐらい折りでもいいでしょう。


STEP24

・STEP24

またもやひっくり返して、後ろのフチにそって写真のような状態に折ります。


STEP25

・STEP25

STEP24で折った部分をフチの裏側に隠す、

この時、写真のように別々の層に引き離して入れる。

反対側も同じ、

STEP26

・STEP26

STEP25が終わった所。


STEP27

・STEP27

前足を開いているところ。

ここら辺は写真のような形にすると、

幾何学的な正確さではちゃんと折りたためないかもしれない、


ふぅ・・何だかだんだん疲れてきた。


STEP28

・STEP28

両側の前足が開き終わった。


STEP29

・STEP29

腹のインサイドアウトの為の処理です。(好みによっては飛ばしてもいい工程かもしれない)

今写真で立体的に立っているカドを、限界までこちら側に引っ張ってきて折りたたみます。


STEP30

・STEP30

別の角度から、

STEP29が終わった所。

STEP31

・STEP31

元に戻す、

この時、一緒に前足をこちら側に倒す。

STEP32

・STEP32

写真のように広げる。

この写真は分かり辛いかもしれない。

つーかテカテカ光って見づらいなホイル・・・


STEP33

・STEP33

STEP29、30でつけた折り筋に沿ってフチを折る。


STEP34

・STEP34

STEP33が終わった状態。

STEP35

・STEP35

前足の付け根を写真の様にして、その後裏に折り返す。



STEP36

・STEP36

前足を元に戻す。


STEP37

・STEP37

非常に細かい所ですが、

後ろ足の付け根を開いて、写真のように折る。

(前半大雑把なクセに、何故こういう所は撮っているんだろう・・・)


STEP38

・STEP38

だいたいこれで「プレシオサウルスの開き」は完成した所。

という訳でこれで「お開き」・・・

なんちゃって駄目?


STEP39

・STEP39

頭の部分、下アゴになる所を写真のように開く。

この作品は小松英夫氏の「カバ」のように下アゴは2つのカドをくっつけて仕上げる。


STEP40

・STEP40

これはアゴを大きく開かせる為の処理。

STEP14の層の入れ替え作業の所為で、アゴが小さくしか開かないようになってしまった為。


STEP41

・STEP41

STEP40の作業が終わったら、写真のように折りたたむ。


STEP42

・STEP42

今度は首のインサイドアウトの為に、ヒダをひっくり返す作業。

STEP14の層の入れ替え作業をしていないと出来ない。


STEP43

・STEP43

STEP42が終わった所。反対側も同じようにする。


STEP44

・STEP44

片側だけ写真のように折り筋を付ける。




STEP45

・STEP45

写真じゃ分かり辛いですが、折り筋に沿って沈め折り。


STEP46

・STEP46

腹の部分を内側に折って、腹のインサイドアウトをだす。

反対側も同じ。

(ここらへん途中経過の写真があっても良かったかもしれない)


STEP47

・STEP47

STEP46が終わった所。

STEP48

・STEP48

軽く写真の様に2つ折りにする。

STEP49

・STEP49

首の部分を段折り。


STEP50

・STEP50

内側に折り込んで首のインサイドアウト部分を出す。


STEP51

・STEP51

頭部のアップ

STEP52

・STEP52

写真のように、STEP45で出来た沈め折りのポケットの中に反対側のフチを差し込む。


STEP53

・STEP53

ひっくり返して表から見て、

写真のように下アゴの手前側に折りたたまれている部分を引き出す。



STEP54

・STEP54

下アゴの折りだし、

ここら辺の工程はほとんど職人的な荒技で整形します。

こういうのに頼っちゃうあたり、まだまだ折紙ヘタなのかもしれません。

STEP55

・STEP55

途中

STEP56

・STEP56

頭部完成。

あとは細かい所を折り込んで仕上げて行く。


STEP57

・STEP57

出来あがり、あとは好きな様にポーズを付ける。
1999/01/30 00:00|メイキング集

検索フォーム

おすすめ!リンク集

■ おりがみ新世代
主に学生さん達を中心とした
若手新鋭折紙創作家達が集う掲示板
管理人も時々作品を投稿させて頂いてます。

■ 恐竜の折り紙
さいた ともはる氏のブログ
シンプルで可愛らしい恐竜折紙の折り方を紹介していらっしゃいます。
綺麗で見易いページも魅力的です。

■ Don Basilio, o il finto Signor または偽りの殿様
Don Basilio氏のブログ
多彩で豊かな古生物作品群が目玉。それぞれに詳しい解説も付いています。
他にも詩的で情緒豊かな作品が掲載されていて、目が離せません。

■ 折り神になれって言ってるでしょ!
えずの軍団氏のブログ
おりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
あの「龍神3.5」を折り上げる実力は圧巻の一言。

■ 花岡パトリオット
仮ピー氏のブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

■ ありさんの折り紙
おりゆーが氏のブログ
非常にクオリティの高いスーパーコンプレックス作品が掲載されています。
展開図も豊富で、今後要注目です!

■ おりがみつきブログ
楓氏のブログ
実力もおりがみつきの、おりがみ新世代の代表的創作家のお一人。
ディテールの高さと安定感が両立された作品の数々には、頭が下がります。

■ 折り紙の青春の夢
レオンハルト氏のブログ
今最も注目されている若手創作家の一人といっても良いでしょう。
特に、折紙の理論についての記事は必見です。

■ NOCCHOrigami
NOCCHO氏のブログ
ティーバッグ折紙というジャンルで色々な作品を創作されている方です。
おしゃれで素敵な作品が目白押し!おすすめです。

■ おりがみBOY in Australia
gen氏のブログ
個人的に最もリスペクトしている創作家のお一人。
可愛らしい動物作品を得意とされています。

■ 折り紙造形研究舎
橋間仁氏のサイト
ストーリー性のある独自の世界観。
そして圧倒的な造形センス。
芸術としての折り紙を指向される方は必見です!

★ HEAVEN INSITE
田代剛大氏のサイト
現役の漫画家さんだけあって、恐竜イラストのクオリティは流石。
丁寧な解説に「恐竜愛」を感じます。
それ以外でもオリジナル漫画やコラム等、楽しいコンテンツが満載です。

★ 弱い文明
レイランダー氏のブログ
ロックな反骨精神と社会への鋭い視点、そして分かり易い文章は 大変勉強になります。
現代人として自分の「生活」に疑問や問題意識を抱いている人であれば
誰もが一度は読んで頂きたい。
そんなブログです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 Open-Think All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。